FC2ブログ

革新

私に、『革新系』か?と問われれば、『保守系』だと答えるだろう。

しかし、何が『革新系』で。
何が『保守系』なのか。
その定義が、イマイチ私には分からない。

『保守系』の私は。
憲法は、国民の合意に基づき適宜変えていくべきだと思っている。
憲法に縛られるのではなく、社会状況の変化に対応できるよう憲法を見直すべきだと思っている。

一方、『革新系』と呼ばれる人たちは、護憲を主張する。
社会情勢が大きく変わっているのも関わらず、それを認めようとはしない。
社会の仕組みに不都合なことが出てきてもお構いなしだ。
憲法を守ってさえいれば、日本は平和で繁栄が続くと信じ切っている。
護憲に関しては、私が『革新』だ。

社会保障費がどんどん膨らみ、早晩立ち行かなくなるのは必置だ。
この問題でも『革新系』の人たちは、より手厚い社会保障を求めている。

先日、『真の革新』を自負している人に聞いてみた。
「保険料を下げろと言いながら、一方で自己負担を無くせって言ってるけど、財源どうするん?」
「国がもっと金を出すべきだ」
「国は、大きな借金抱えて、大変やと思うけど、どこにお金が有るん?」

「大企業から、もっと税金を取ればいい」
「企業の体力が落ちて競争力がなくなったり、日本から出て行ったりしたらどうするん?」
「・・・・」
で、会話が途絶えたけれど。

確かに『今の政治形態を覆し、自分たちの理想とする社会を構築する』
という意味では、彼は『真の革新系』かもしれないが。
政治形態を日々の変化に合わせて、日々改革していくという視点から見れば、私が『革新系』で、彼こそが『真の保守系』ではないのだろうか?

スポンサーサイト



難聴

私は、少々難聴気味だ。
加齢によるものだと思う。

少しずつだろうけれど、難聴現象が進行していたのだろうと思う。
夕食時にババと孫たちが、楽しく話をして盛り上がっていても、殆ど聞き取れていなかった。
会議中の会話も、宴席の談笑も半分ほどははっきりと聞き取れない。

一大決心をして、補聴器の購入を検討することにした。
昨日、無料貸し出しの旗のある役所近くの取扱店を覗いてみた。

聴覚検査とやらを受けてみると。
加齢による難聴現象は見られるものの、低音域や中音域は聞こえているらしいが、高音域になると急激に聞こえなくなっているのが分かったらしい。
それも殆ど普通の会話では影響がない音域だとか。

「しかし、これが影響していることは間違いないですね」とのこと。
で、私の状態に合わせた補聴器を貸し出してくれた。

耳かけ型と言われているものらしい。
色もベージュだから装着しているのが分からない。

試しに装着して、孫に
「じじ、なんか変わってんけど。分かるか?」
と聞いても、誰も気付かなかった。

さて、付け心地ですが。
これから一週間ほど付けてみないと、はっきりと分からないと思うが・・・・。

劇的な変化は。
テレビの音声ボリュームが15だったものが、10で十分聞こえる。
ドアの閉まる音。
スリッパで歩く音。
新聞を折りたたむ音。
トースターのカチカチ音も、一種類ではなく、複数の音が重なっていたことがはっきり分かった。
私の周りが音であふれていた。

さらなる変化も。
寝るときには、補聴器を取り外す。
補聴器を外しても、テレビのボリュームも上げなくても聞き取れている。
何かに触れた時の、ガサガサ音も聞き取れ。
私の周りに音があふれている。

これって、一体どういうこと?

プロフィール

FC2USER534908EIR

Author:FC2USER534908EIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR