FC2ブログ

猛暑

昨日から始まった市議会議員選挙。

今回の選挙は、本当に今までない環境下での選挙になった。

まずは、コロナ騒ぎ。
3密がダメ。
ということで、『選挙事務所詰め』という活動が難しくなった。

前回までは、私の推薦母体である地元の皆様が時間割を作って、交代で事務所に来られた。
事務所が、さながら大きな井戸端会議場となり。
ワイワイ、ガヤガヤ。
『地域の決め事が決まってしまう』という感さえあった。

追い打ちをかけたのが、この猛暑。
暑くて、暑くて。
11時~3時ころまでほとんど巣ごもり状態。
どこで、街頭演説をすればよいのやら。

『桃太郎』という選挙手法がある。
旗を先頭に、行列を作って商店街等を練り歩く。
っていうやつ。

作戦会議で。
「桃太郎は?」
と言いかけたとたんに、皆からの冷たい視線で『即却下』

「どこそこの陣営が桃太郎やってるらしい」
「いや、ほんまに歩いてたわ」
「どこそこは、自転車でやってるわ」
「へぇぇ~、うちはせんとこなぁ」
「ホンマや、この暑さの中歩いてたら死んでしまうわ」

後援会の正副会長から。
「兎に角、無理は控えて。体が第一なんやから。あんたが倒れたら何にもならんねんから」
(´・_・`)

口やかましい姉からは
「博幸ちゃん。無理しなや」
。゚(゚´Д`゚)゚。

嫁からも
「もう若こぅないんやから」
(T_T)

口々に注意される。

エヘッ
こんなん、炎天下の農作業のこと思うたら、楽なもんやけどなぁ~
(^∇^)ノ
スポンサーサイト



限界

昨日の暑さには参った。

特に午後3時前後の事務所の室温はどれくらいまで上昇したのか?
まさに『汗が噴き出る』状態になってしまった。

一昨日も、そこそこ暑かったとは思うのだが、特に昨日は暑かった。
きちっと測った訳ではないので、正確さにかけると思うが。
天気予報の気温からみて、恐らく2度も変わらないのだろうと思う。

気温の34度と35度、36度のこの1、2度の差が大きいんだろうなぁ~
私の体温が大体36度前後。
この体温を超すのか、超さないのかで体に与えるダメージが大きく変わるんだろうと、勝手に思っている。

これは私だけのものだろうか?
それとも一般的に体温と暑さの限界なんて、何かしらの相関関係があるのだろうか?
暑さにあえぎながらとりとめのないことを考え、気を紛らしていた。

暑さの限界だけでなく。
人には、いろいろな場面でその人独自の限界点が有って。
その点を少し超えただけで、大きく様相が変わるってこともよくある話だ。

私もそうだと言われるが。
先ほどまで穏やかに話をしていたのに、急に怒り出す。
いわゆる『瞬間湯沸かし器』っていうんですか?
何で怒ったのかよくわからないのに、怒り出す人。
困ったもんだ。

あぁぁ~。
あかんわ!
暑さのせいで、文章が纏まらん。
。゚(゚´Д`゚)゚。

役割

今朝の朝食です。
15964877629680.jpg

先日、スーパーで買ってきた『チューブ入りのネギ塩』
と、『からしマヨネーズ』をトッピング。

う~ん  ( ̄^ ̄)ゞ
93点かな。
昨日食べた『コーン&マヨ』と、『ラー油』の組み合わせの方が美味しかったと思う。

段々と『ゲテモノ趣味』に墜ちている自分が怖い。

さて、昨日は箕面市商工観光振興連盟から推薦証がいただけるということで行ってきた。

その中での会話で。
自民党さんは市・府・国の各級議員が連携して云々って、よく言わはりますけど。
例えば、このコロナの関係で我々が困っていることを、誰に伝えたら良いんです?

この発言には、頭を叩かれたような衝撃を受けた。
確かにおっしゃられるとおりだ。

箕面市の課題を議会全体で共有するために、市民と議会全体の意見交換会を開催している。
これはこれで箕面市議会議員として、大切なことだということは十分理解する。

しかし、我々は政権与党の自民党市議会議員という立場でもある。
自民党の議員として地元の声を、政府に届けるという役割も担わなければならない。
ご指摘のとおり、政府に対して様々な要望を出せるのは、我々しかいないはずだ。

倉田市政が終わり、新たな市長が舵取りをする。
今までのように、市長が中央との交渉事を一手に引き受けるというのは難しくなるだろう。

改めて、自民党議員としての役割を指摘された気がした。

雑草

先日来、ず~っと気になっていることが有った。
公園の雑草だ。

梅雨で雨が続き。
子供たちも公園で遊べない日が続いた。
おかげで雑草が伸び放題。
15954520527221.jpg

これだけ伸びてしまえば、子供たちも遊びにくかろう。
公園前を通るたびに気になる。

しかしなぁ~
今頃草刈をすると。
「えらい余裕やなぁ~」
と言われかねない。

一週間ほど悩みに悩んで。
「何言われてもええわ!」
覚悟を決めて、草刈りをした。

15954520151940.jpg

草刈の途中、犬の散歩に来たご婦人に声を掛けられた。
「業者の方ですか?」
「いいえ」

「では、ボランティアで?」
「ボランティアというか、なんというか。子供会がアダプト活動をやらせていただいているのですが、それのお手伝いをさせていただいています」

「で、あなたは?」
「私は、一応議員ですが。子供会の関係者の一員という立場です」

「失礼ですが、お名前は?」
「はぁ。中井と申します」

「いやぁあ、ここの公園は綺麗に手入れされていると思っていたんです。貴方がなさってくださっていたんですか。役所の公園課にこのことを申し上げてもよろしいですか」
「別に構いませんが、役所も把握はしてくれていると思います」

で、一応のやり取りは終わった。

午後、携帯に公園課から電話が入った。
「中井さんの携帯でしょうか?」
「おぅ、・・君か。どないしたんや?」
「いま、市民の方から電話が入りまして。桜南公園で暑い最中に草刈りをしてくれている人が居てる。中井さんって言うらしい。おかげできれいになったって喜んではりました」
「あっ、そうか。そういえば草刈の最中にお礼を言うてくれはったわ。ホンマに役所に言うて行かはったんやなぁ~」

感謝してくださる方が居ることが分かっただけでも、よかった。

苦笑

我が家に、箕面市議会の某政策会派が発行した『議会報告』がポスティングされていた。

『議員定数・報酬削減で、特別委員会開催!!』
という見出しだ。

で、次の言葉が。
『是非皆さん、委員会の録画中継をご覧ください』
と書いてある。

そして、この委員会に参加した議員の委員会でのやり取りや、本会議での討論の内容が記載されている。

こうしてみると、昔からの諺の『百聞は一見に如かず』とはよく言ったものだと思う。
まぁ、この場合は『百文』なのかもしれないが、いくら文章で伝えようとしても、伝えきれないものがある。

私からも改めて。
『是非皆さん、委員会の録画中継をご覧ください』
とお願いしたいものだ。

委員会もそうだが、本会議の討論を是非ご覧いただきたいと思う。

『身を切る改革』が、本当に市民のためや、市の発展に寄与するための提案なら、喜んで賛成する。
ご覧いただければわかってもらえると思うが、彼らにはそんな意図は微塵も感じられない。

有るのは
『選挙を有利に戦いたい』の一点のみだ。

選挙戦を有利に戦って、当選したあかつきには。
『こんな箕面市にしたいんだ!』
といった、ビジョンが有るとも思えない。

私と主義が違えば、そのビジョンも当然違うだろう。
そのビジョンを認めることはできなくても。
それを実現させようとして、一生懸命活動している議員さんは尊敬する。

せっかく議員になったのなら、委員会や本会議の場で自分の意見や主張をしっかり示すべきだ。
また、自分が所属していない委員会もしっかり傍聴して、他の議員さんの考えも聞くべきだ。

そんな態度が微塵も感じられない議員が。
『身を切る改革』を提唱している。

この議会報告を読んでいて。
「この政策会派の皆さんも、きっと私と一緒で、腹立たしい思いでこれを書いたんだろうなぁ~」
執筆の光景を思い浮かべて、思わず笑ってしまった。
プロフィール

FC2USER534908EIR

Author:FC2USER534908EIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR