FC2ブログ

散文

ツイッターを始めたものの、何がどうなっているのか?
システムがもう一つ分かっていない。

書き込んだはずのものが、どこに有るのか分からず。
右往左往している。

昔のように、うまくいかないからと言って、スマホに怒鳴ったり。
叩いてしまわないのは少しは成長したのか?

それとも、高いスマホが壊れるのが怖いだけなのか?
とにかく、また一からやり直してはいるのだが・・・・。
ヽ(`ω´*)ノ彡☆

齢を重ねるにつれ。
『角が取れ、人間が丸くなる』
というのは、私には当てはまらないように思う。

逆に、余計に我が強くなるようにさえ思う。
常に用心しているつもりだが。
失敗する頻度が上がってきているように思う。

日常でも、我慢が出来ず気が短くなっている。
体力が落ちてきて、腹が立ってもすぐに行動に移せなくなってきたのがせめてもの救いか?

しかし、齢を重ねることが悪いことばかりではない。

世の中の様々な事象が。
『なるほど、そういう事ことか!』
と分かるようになってきたように思う。

いろいろな団体で、最年少ということが多かったせいか。
若いころから、年長者と話す機会に恵まれた方だと思う。

一回り(干支の一回りですから12年です。)二回り以上も齢の離れた先輩に教えていただいた事が。
やっと理解できるようになっている。

うるさがられても。
先輩がしてくださったように。
後輩に伝えていくのが、大切なのかもしれない。
スポンサーサイト



品質

ちょっと前に渋沢栄一さんの「論語と算盤」を読んだ。

なるほどなぁ~。
と、感心させられること。
新たな気づきが沢山あった。

今回の、市長・市議会議員選挙で。
『身を切る改革』を訴える候補者が複数居た。

この本を読んで、感銘を受けていたころだからか?
彼らの公約が陳腐なものに思えて仕方なかった。

候補者によっては。
わざわざ身を切らなくても、あなたの行動力だけで充分なのにどうして?
と思える人や。

?%カット?
君の仕事ぶりじゃ、そんなんじゃァ足んわ。
と、悪態をつきたくなる候補者まで様々だったように思う。

私が、心配するのは。
スーパーマーケットなどの競争で。
値引き合戦をして勝った店が。
結局『安かろう悪かろう』といった品ぞろえだったり。
最悪は、競争相手が無くなったとたん『粗悪品を高く売る』ってことにならないか?
ということ。

我が町箕面では。
『値段ではなく、品質で勝負をしてほしい』
と、思います。

杞憂

おかげさまで、元気に選挙の最終日を迎えることができた。
加齢による衰えを心配していたのだが。
杞憂に過ぎなかった。

本当に今回の選挙は異例づくめだったと思う。
中でも事務所詰めを取りやめたことが大きいように思う。
街宣車が帰ってきても、出迎えてくれる人たちが居ない。

代わりと言っては何だが。
4才と、5か月の孫。
そしてミエちゃんが出迎えてくれる。

この2人の孫とミエちゃんがスタッフに大人気だ。
俳優さんも小さな子供や動物には勝てないそうだが。
分かる気がする。

孫たちはスケジュール表を見て、我が家から事務所にやってくる。
ミエちゃんは、事務所がすっかりお気に入りなようで、ほぼここに住み着いている感じだ。

15980431324761.jpg
(ちなみにこの写真は、今朝庭でのものです)

私は街宣活動で忙しいから分らないが。
エアコンの吹き出し口近くで寝そべっているようだ。

鈍感なのか、バカなのか?
猫のくせに、誰の触られようとお構いなし。
実に堂々と寝そべっているらしい。

それでいて、私が帰ってくると甘えた声を出してすり寄ってくる。
ウグイスさん(街宣車でしゃべってくれる人たちです)にもすり寄っていくので大人気だ。
まさに事務所の招き猫を演じてくれている。

さて、今回の選挙。

候補者本人ではなく。
他人が、一生懸命政策を語っている陣営がある。

じっくり聞いている暇がないので、実態は分からないが。
箕面市の実情も分からずに、箕面市政を語れるのだろうか?

倉田市政を継続します。
と言ってる候補者もあるようだが、倉田市政をどの程度分かっての発言だろうか?

勿論選挙に勝たないと、市長や議員になれないのだが。
市長や議員になれたから『目的達成』ではあまりにもお粗末だ。

こんなことで箕面市政は大丈夫か?
杞憂に過ぎなかったと笑えればよいのだが。

理想

まだ、続いています。

前回は、趣味で農業を楽しむ農家の話をした。
私もそのうちの一人だと思う。

必要でない高価な農機具でも買う。
原価計算もせずに、高い肥料や、種を買う。
収穫間際の天気の急変で、収穫がほとんどできなくても笑って済ます。

早起きも、農作業も健康体操の一環だと思えばこんな楽しいものはない。
ストレスどころか、ストレスの発散になる。
何よりも、工夫や努力が収穫に現れることが楽しい。

こんな楽しい日々が送れるのはご先祖様のおかげと、感謝するしかない。

我が家は農家だからこのような趣味が実現できるが。
土いじりを趣味にしたいが実行できていない人たちもきっと多いことだろう。

周り一面農地なら、見ただけでも嫌になるかもしれないが。
箕面のように街中に農地が少なければ、余計にやりたいと思うのは私だけだろうか?
身近で、貴重な農地で、土いじりができるとなれば希望者も多いと思う。

ということは需要と供給のバランスからいっても、そこそこの地代が想定できる。

私が、かねてから提唱しているように。
農業公社の経営の一つの柱に『市民農園の管理』を据えるべきだと思う。
そして、農家にもいくばくかの地代を払えれば最高だ。

農地を持て余している農家さんに喜ばれ。
土いじりをしたい多くの人たちに喜ばれ。
農業公社の経営安定に寄与する。

まさに『三方良し』だと思うんだけどなぁ~

重荷

昨日、農業委員会が開催されたので、参加させていただきました。

私は、箕面市の農政を変えるために、農業委員の就任を心待ちにしていた。

農家に嫁いで、50年近く。
最初は農業所得だけで家計が成り立っていたものが。
農業だけでは立ち行かなくなり。
今や土地の有効活用と称した、借金による不動産賃貸業も重荷になりつつある。

昔は、農地の所有面積が豊かさの象徴で。
いわゆる豪農と呼ばれる家に憧れたものだ。

それが、農地を所有し維持管理することが、重荷になり。
人口が減少することを考えれば、農地を宅地化することもためらわざるを得ないことから。
我々世代より若い人たちは、広い農地を所有する農家を敬遠するようになった。

これでは、ますます農家の後継者がいなくなり。
貴重な緑地であるはずの農地の保全が難しくなり。
住環境が悪化してしまう。

私は、この悪い流れを変えるために、以前から農業委員に就任したかった。

適度に農地が残り。
適度に土いじりをしたいと思っている人たちがいる。

遊休農地を借り受ける公的組織が有り。
地産地消ができる仕組みもできている。
そして、農地を巡る相続税の見直しが非常にありがたい。

私が必要だと思っているほぼすべての条件がそろった箕面市ならその悪い流れを変えることができると思っている。
議会でも何度も取り上げてきたが、実現することができなかった。

今度こそ。
農家が農地を所有することが重荷にならないような仕組みを作りたい。

今度こそ。
農地がない人たちが手軽に土いじりできる仕組みを作りたい。

今度こそ。
高齢者や障がいのある人たちの生きがいができるような仕組みを作りたい。

実現すれば、きっと多くの人たちや。
将来的にも喜んでもらえると確信している。
プロフィール

FC2USER534908EIR

Author:FC2USER534908EIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR