fc2ブログ

放任

夏が近づいてきた。

今年も、水槽で魚を飼うことにした。
毎年「孫が喜ぶから」と言っては魚を飼う。

昔は金魚だった。
その金魚。
何年居たのかさえ分からなくなるほど、長生きしていた。

私は、無精な性格ですから、ほとんど世話らしい世話をしなかった。
何時、水を入れ替えたのか?
どころか、何時餌をあげたのか?
ひどい時には、そこに金魚が居ることさえ忘れるほど、ほったらかし。

水は青く濁り。
水槽のガラスもコケ?で緑色。
循環用のポンプも壊れたまま。
気付けば、水が半分程ってことさえ。
こんな環境で、この2匹の金魚はしぶとく、たくましく生きていた。

新しい孫が出来。
少しでもきれいな金魚を見せたくて。
まっさらの水槽セットを購入。

砂利を入れ。
水草を植え。
金魚に加え、ヌマエビやタニシも入れて。
ついでにメダカも。

毎日、せっせ、せっせと餌をやり。
浄化層の掃除をして。
結果はご想像の通り。

その後、ゴールデンウィークの恒例行事として。
メダカを飼い始める。
成魚を何匹か買ってきては、年内に全滅を繰り返し。

一昨年からは卵が付いた水草を買って。
稚魚から育てるのだが。
これも2回連続で失敗。

嫁曰
「あんたは、かまい過ぎるねん。庭の水瓶のメダカ何年生きてる?あんな汚い環境で!」
「へぇ、へぇ」
ということで、今年は空気を送るポンプのスイッチも切ってしまった。
16523091502170.jpg

買ってきて1週間足らずで、無数の稚魚がうようよ。
餌をあげたいのをじっと我慢。

今度こそ、長生きしてもらおう。
スポンサーサイト



落胆

『今朝のイチゴ』です。
16515356689700.jpg

毎日観察していると色々なことが分かって面白い。
自分では分かっているつもりだったことが解って、なお面白い。

例えば、色づきの過程。
実が色付きながら大きくなるなんて知らなかった。
ある程度の大きさになってから、色づくのだと思っていた。
それがこの写真でも分かるように、色づくのと大きくなるのが同時進行している。

熟す速度も、認識と大きく違っていた。
色付いてくれば、一気に熟すものだと思っていたが。
色付いてから結構時間が必要だったんだ。

完熟イチゴまで待って、食べれるのはまだ少し先かもしれない。

一方、『今朝のサクランボ』は・・・・。
16515367711500.jpg
すっかり実が落ちてしまった。

僅かに残る実も
16515367871761.jpg
熟すのを待っている間に、鳥に食べられ無残なことに。
結局、今年は一粒も口に入らなかった。

まっ、こんな時も有りますわなぁ~。
(´・_・`)

疎遠

『今朝のサクランボ』です。
16502367087851.jpg

去年も摘果はしたものの、小さなサクランボで。
しかも、あまり美味しくなかったので。

今年は、寒肥をやり。
強めの剪定と、摘花に近い時期の摘果をしてみた。

はたして、今年こそ「おいちいね」  (* ´ ▽ ` *)
と言ってもらえるようなサクランボになってくれるのだろうか?

こちらは『今朝のイチゴ』ちゃんです。
16502366860650.jpg

小さいながらも、イチゴの形が分かるようになってきました。

「大きくなぁれ、大きくなぁれ」と言いつつ見守っています。
先日は、こそっと肥料をあげました。

次男の次女。
私が怖くないと認識してくれるようになったのか?
この頃、私の傍に来てくれるようになりました。

この子がかわいくて仕方ない、このジジィ。
気に入られようと、あれこれ手を変え品を変え努力しています。

庭の植えたミカン狩りで気を引いていました。
ジジと一緒なら大好きなミカンを採っても構わないことが理解でき。
我が家に来て、ジジの顔を見たらミカン狩です。

ミカンが終了し。
キンカンも終了。
さて、次は・・・・・。  o(^▽^)o

これが、大好きなイチゴだと分かり。
ジジと一緒にイチゴ狩りと思ったのでしょうか?

「これはダメ、触ってはいけない!」
の一言で。
また、怖いジジィに逆戻り。

寝酒

永い眠れない夜が終わり、ホッとした。

ここ2週間ほど、寝つきが悪く。
ついつい、寝る前の飲酒に頼っていた。
酒を飲まないと寝付けない。
途中で目が覚めると、いやな夢ばかり見る。

事の起こりは。
2週間前の病院での診察結果だ。

「う~ん。中井さん。あまり芳しくありませんねぇ~。次の診察は3か月後にしましょう」
「何か?」
「この数値が、イヤ~な上がり方をしてるんです。おそらくは再発・転移だと思います」
「えぇぇ~」

一昨年の年末に癌が見つかった時には。
告知をしてくれた先生と、診察室で大笑いをした。

心配する家族をしり目に。
いそいそと入院し、手術を受け。
何事もなかったかのような日々を過ごしていた。

それが今回の落ち込み様は。
自分でも驚きだった。

何とも言えないような不安がこみあげてくる。
寝つきが悪くなる。
とてもじゃァないが、酒でも飲まなきゃぁ寝付けない。

ところが、先週半ばに新聞を読んだ。
病気を苦にした自殺者が多い。
特にがんの告知を受けた直後の男性が多い。

近頃は前立腺がんでは死なない。
治療後10年の存命率は100%なのに、何故自殺するのだろう。
という記事が載っていた。

そこで、ネットで『がん治療』を調べ。
知人にがん治療の経験談を聞き。

そ~か、あと10年生きたら80才だ。
逆にそこまで長生きしたら周りに迷惑かも
( ̄^ ̄)ゞ

急に気分が軽やかになり。
昨日は寝酒を止めた。

まだ、上手くはいかなかったが・・・。
まっ、そのうちに慣れるでしょぅ。

昔話

先日、久しぶりに倉田さんと会った。

同窓会と同じようなもので、合えば昔話に花が咲く。

はじめて出会った時の話で、ひとしきり盛り上がり。

「そうそう」
「そやったなぁ」
「えぇぇ~、そんなん思てたん」
「いや~、それはないわ」
ほかの参加者には分からん話だ。

「そぅいえば、このおっさん、ひとっつも人の話は聞きよらんねん」
「そんなことないわ、聞けへんのはあんたや!」
「いいや、あんたが聞かんかったんや!」
「そぅいえば、市長のスケジュール15分だけちゅうて、1時間以上大きな声で言い合いしたよなぁ」
「そぅそぅ、秘書課の人間も中井さん来るちゅうたら困ってましたもん」

「いっぺん、委員会でも言い合いしたよなぁ」
「あれ委員会でしたっけ?駅前の楠の木の話」
「それだけちゃぅがな。どこやったかいなぁ~。周りがはらはらしてしもぅて」
「そぅそぅ、どうです近頃は?」
「話がかみ合わんもん、議論にもならんわ」
「そぅですかぁ~。あの頃はお互いに、ほんまに真剣でしたもん」

こんなとりとめもない話で大いに盛り上がった。
いやぁ~すっきりした。
ヽ(´∀`)ノ
プロフィール

FC2USER534908EIR

Author:FC2USER534908EIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR