FC2ブログ

感動

先日の新聞記事で面白いものが有ったので紹介したい。

見出しが、『現代人は引き算思考が苦手』だったと思う。 
間違っているかも?(。-_-。)  

そこで書かれてあったことに『感動』?したので。
この記事を拝借して夕食後に嫁に話した。

例題として書かれてあったのがレゴ等のブロック遊びだったと思うが。
嫁との話の中ではこれをベットに換えて話をした。

「ここにしばらく使っていないベットが有るとするわなぁ」
「うん」
「そのベットを使おうとしたんやけど、4本ある足のうち3本がぐらぐらで、乗れば確実に潰れるとしんか」
「ふんふん」
「そこでや、お前やったらどないする?」
「えぇぇ~」
。゚(゚´Д`゚)゚。

(*^_^*)
「お前のこっちゃから、ブロックが台になるもん探してきて、足の代わりにするわなぁ」
「他になんか方法有るかぁ?」
(´・_・`)

「なんでぇなぁ~。残ってる足を取ってしまえば、何とかベットの役割は果たすやろ」
(* ´ ▽ ` *)
「あっ、ホンマや」
(°_°)

「これ、新聞に載ってたんやけど。我々みたいにず~と右肩上がりの世の中で暮らしてきた者は、この引き算的発想が苦手らしいわ。ところが、今の若い子に聞いたらこんな発想ができるらしいでぇ」
「ホンマかぁ?」
(*´~`*)

ちょうどそこへ孫が入ってきたので、さっそく同じ質問をした。
「簡単やん、残ってる足を取ってしまって、とりあえず使ったらええねん」

w(゚o゚)w  (*゚Q゚*)  
「ホンマや」

スポンサーサイト



影響

ご無沙汰です。

昨日は、『G1 太閤賞競走 開設65周年』の最終日だったので、住之江競艇に行ってきました。

昨年の春から、コロナ感染症予防措置として。
最終日最終レースの覇者(その節の優勝者)に対する『箕面市議会議長賞』の授与が中止となっていますが。
競艇事業の状況確認と競艇事業部への慰労も兼ね、各節の最終日にはお伺いしています。

16177563140530.jpg
トップレーサによるレースですのできれいなスタートでした。

さて、このレースの開催中の4月5日から大阪が『まん延防止等重点措置』が適用されることが決まり。
同日から、開催時間が午後8時までとなりました。
その影響で、両日の売上げが1割ほど減少したのだそうです。

開催時間がたった1時間早くなっただけで・・・。
と思うのですが。
聞いて驚きました。

私の4月の公式スケジュール。
各種団体の総会や懇親会で、ほぼ埋まっていました。
それが、ここ数日でほとんどの集会が中止、若しくは書面会議か、関係者のみの開催となり。
スケジュール帳から削除されてしまった。

1日数件ほどが削除されていくのを見て。
愕然としている。

本当に早く収束してほしいものだ。

階段

今日、めでたく『おしめ』を外しました。
わぁ~ぱちぱち。
\(^o^)/

今月になって、殆ど漏れることがなくなってはいたが。
『もしも』が心配で外すことができずにいた。

しかし、『おしめ』がとにかくうっとおしかったので。
『えい』
『やっ』
と気合を入れて・・・。

この間。
病院で教えてもらった体操だけでなく。
ジムで『インナーマッスル』を鍛える体操を続けたことが良かったのかもしれない。

ということで、今朝も元気にジムに行ってきました。
おかげで、ほぼほぼ入院前の体型に戻った気がする。

ところが、庁内の階段を見て急に後ろめたさが。
16157795381390.jpg
えっ。
(°_°)

16157796502432.jpg
たしかに。
(。-_-。)

16157795872551.jpg
分かってる。
(*`へ´*)

16157798403534.jpg
分かってますって、私が悪いんです。
(。-_-。)

失禁

今日の書き込みは、表題にもあるように『下ネタ』です。
それを十分ご理解の上。
『読む』『読まない』の判断をよろしくお願いします。


今朝もスポーツジムに行ってきました。
昨日は、ジャガイモの植え付けに向けた農作業で汗をかいていました。
平日は、以前と変わらず登庁して職務をこなしています。

このように、日常生活はほぼ元通りになりました。
が、一つだけ困っているのが『尿失禁』です。

前立腺は男性特有の臓器で、その役割の一つが、『おしっこを止める』ことだそうです。
男性はこの臓器のおかげで、女性に比べいわゆる『ちびる』ということが少ないのだとか。

それが無くなったものだから、もぅ大変です。
膀胱から尿管が直結状態なり。
手術直後は『だだ漏れ』状態でした。

徐々に『おしっこをする』という感覚がつかめるようになり。
おしっこを我慢するということができつつあるという状態で退院しました。

しかし、横になっている時間が長い入院期と日常生活とのギャップで退院当初はだだ漏れ状態に逆戻り。
立っているときは、ほぼだだ漏れ状態であるだけでなく。
おしっこが溜まらないものだから、おしっこに勢いがなく立った姿勢でできない状態になってしまいました。

根本的な対策としては、何とか筋?という筋肉を鍛え。
前立腺が無くてもおしっこのコントロールをすることだそうで。
今はその筋肉を鍛えるための運動をしています。

その効果が有ってのことか。
毎日、毎日少しずつですが良くなっているのが分かり。
「今日は、こんなことができた」
と、プチ感動の日々です。

当面の対策としては、漏れることを前提とした対応を考えるしかなく。
尿取りパッドと、失禁パンツの二段対策で対応しています。
冬場だから下着も分厚く、下着から漏れたり、中が蒸れることは有りませんが。
これが、夏場だったら・・・。
思っただけでもぞぉぉ~とします。

この対策でほぼ失敗はないのですが、たまに予定外の行動をとらざるを得ない時は大変です。
何時、パッドが吸収する量を超えてしまい、外に漏れだすか気が気ではありません。

お医者さんの説明によると3~6カ月程でほぼ元通りの生活が送れるようになるそうです。
それまでの間は、この状態と付き合わざるを得ず。
あとは『如何に上手に付き合っていくか』です。

まさか、この歳で『おしめ』のお世話になるとは。
(;´д`)  トホホ

せめて、孫より早く『おしめ』を卒業しなくては!
(^∇^)ノ おぉぉー

手術

肝心のダビンチを使った手術の様子ですが。

部屋から歩いて手術室に行き。
「はい、このベットに乗って」
で、ベットに寝かされたまま手術室に運ばれた。

見た光景と言えば。
『ダビンチ』ちゅうのんは、結構大きいねんなぁ~
というのと

へぇ~結構使い込んでるやん。
という位だ。

手術台の上では、すぐに眠くなり。
せっかく、貴重な経験(箕面市議会議員で初のダビンチの経験)を皆にしゃべろう。
このブログに書き込もうと思っていたのに・・・。
そのまま爆睡。

肩をたたかれ
「中井さん、終わりましたよ」
で目が覚めた。
そしてそのまま集中治療室へ。

集中治療室で24時間程度居たのだろうと思うけれど。
翌日の朝まで殆どが爆睡状態で。
たまに目が覚めても、またすぐ寝入ってしまっていた。

だから手術が痛いとか。
怖いとかいう感覚は全くない。

翌日から、起き上がり、歩き始めたのだが。
さすがに、2~3日は起き上がるのが辛かった。

腹筋が痛い。
仕方なく、ベットの柵を握り上半身の力で起き上がる。

起き上がりさえすればしめたもので。
集中治療室のベットでも一生懸命足踏みの動作を繰り返していたからか。
歩くのはさほど苦にならなかった。

昔、木から落ちて背骨を圧迫骨折して、何日もベットで寝かされた時。
看護婦さんが、足の筋肉衰えないようにと、足元に段ボールを入れて足踏みをさせてくれた経験が役立った。

徐々に、起き上がる時の痛みが和らぎ。
体をひねる時の痛みも楽になり。
最後まで悩まされた咳やくしゃみの時の痛みもほぼ無くなったころ退院した。

家に帰り、ゆっくりお風呂に入り。
改めて、じっくり手術の後を見た。

確かにおへその周りに小さな傷口がポツポツと有る。
6個有るらしいが・・・・。
自分でおなかをさすり。
1個、2個と数えなければ分からないほどの傷だ。

摘出した前立腺を写真で見たが。
手術を受けた本人が、一番信じられない。
プロフィール

FC2USER534908EIR

Author:FC2USER534908EIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR