FC2ブログ

怪談

旧植木屋日記への書き込みができなくなって引越してきました。
よろしくお願いします。

世にも不思議なことが我が家で起こった。
家族中が怖くて、話題にもしない「佐藤さん行方不明事件」だ。

今年の5月金魚を3匹買いました。
金魚1
娘が切迫早産(の恐れ)になり里帰り。
一緒に帰ってきた3歳児の孫のために買ったものです。

目論見通り孫たちのペットになり、3匹の金魚に「佐藤さん」「山田さん」「田中さん」という名前が付けられた。
私が、見ても見分けがつかないが、孫たちにはどの金魚が「佐藤」でどれが「山田」なのか見分けることができるらしい。

先週日曜日に件の「佐藤さん」が居なくなったことに気付いた。
何時から居ないのかははっきり判らないのだが。
とにかく居なくなってしまった。
金魚


皆は、「佐藤さんが死んでしまったので、私が処理をした」
と思っていたらしい。
私は、金魚の数が減ったことさえ気づかずにいた。

それからが、犯人捜しで大変。
「誰やろ?猫やろか?」
「タケちゃん(3歳の孫です)食べたんちゃぅか?」
「それやったら、ジジやわ。僕の金魚食べるとしたらジジしかいてない!」
「あほやなぁ。ジジやったらもう少し大きくしてから食べるがな」

「佐藤は、山田と田中にいじめられて、殺されたんやろか?」
「それは違うな!いつも佐藤が山田と田中を追いかけまわしていたもん」
「そやから、2匹がタッグを組んでやなぁ」
「違うって、いつも2対1で勝ってたもん」

「水槽の中で死んだんやったら、死体が有るやろ」
「水槽から飛び出したんやったら、どっかに死体があるやろ」
「私がきれいに掃除したけど、死体なんか無かったわ」

「やっぱり猫や」
「家に猫が上がるか?」
「ありえんなぁ」
「祟りかぁぁ」

あぁぁ、怖ぁぁ。


スポンサーサイト



プロフィール

FC2USER534908EIR

Author:FC2USER534908EIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR