FC2ブログ

議決

箕面市議会では、議会改革の一環として議会基本条例を作ることを検討している。

先日も議員研修として元三重県議会事務局員(長?スミマセン手元に資料が無くて)だった人を講師によんだ。

色々な話が出た中で、
「『議決権』というものを基本条例の一項目として入れるべきだ」
とおっしゃっていたように思う。

市長がどのような条例や予算を提出しようとも、議会が議決しなければ実行されない。
議会は、このことを自覚して、『議決権』というものの重みと、その責任を表明するような条項をつけなさい。
といった、内容だったと思う。

この講習会で聞くまでもなく。『議決する』ということは確かに重いものだと感じているというか。
この『議決する』ことの重さで我々は報酬をいただいているのではないか。
と、さえ思っている。

理事者(市長)から様々な条例や予算が提出される。
それを議会で審議して、『賛成の議決』をすれば事業が動き出す。
『賛成の議決』をしなければ当然だが、その事業は止まってしまう。
いくら完成間近の事業でも止まってしまう。

その事業が、未来永劫『正しい』とか、『好かった』と評価される割合はどれくらいだろうか?
殆どの事業が、その時代に適合していなくて、見直されるのじゃないかと思う。

現に今でも次々と見直しや、修正が行われている。
『なんで、こんな仕組みを作ったのだろうか?』
と首を傾げたくなるようなものもある。
しかし、その時の関係者は真剣に考え、議会も『賛成の議決』をしたのだと思う。

議決したことが、後世の人達からどのような評価を受けるにしろ。
今はこれがベターだと思うことを、我々は議決していかねばならない。
とにかく、前に進んでいかないと、市民生活を止めるわけにはいかない。

一方、委員会や本会議で、
『とにかく反対する』
『なんでも反対する』
議員がいる。

条例は反対。
予算も反対。
決算の認定も反対。
とにかく何でも反対する。

その反対で。
箕面市がやろうとしていることが。
市民が待ち望んでいる様々な事業が。
ストップして、市民生活に影響が出ることは想定していないのだろうか?

自分が反対しても大勢に影響がないと思っているのだろうか?

反対していた事業がうまくいってる時は口をつぐんで。
何か問題が起これば『鬼の首を取ったように』騒ぎ立てる。
一番卑怯なやり口だと思うし、楽な手法だと思う。
スポンサーサイト



プロフィール

FC2USER534908EIR

Author:FC2USER534908EIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR