FC2ブログ

努力

昨日は、中小学校区で箕面市議会分野別意見交換会が開催されたので、応援議員として参加した。

私は、この地域別意見交換会はどうにも好きになれない。
議員間で『意見交換会を止めるわけにはいかんのか?』といった話になってしまうので。
おそらくは、私だけでなく多くの議員が同じ思いだろうと推察する。


地域別意見交換会を始めるにあたって、開催手法を様々な議会に教えを請いに行った。
議会が開催する市民との意見交換会で成功事例は稀だと言ってもよいと思うほど、どこの議会も苦慮していた。
参加人数が維持できれば良い方で、ほとんどが毎年のように参加者が減少していた。

その原因は、意見交換会のマンネリ化と『一部の声の大きな集団』の存在だ。
マンネリ化も大きな問題だが、打開策はきっと見つかるだろう。

が。
どこの会場にも出向き、主催者に自らの主張を声高に訴える。
主催者のみならず、一般の参加者を罵倒することさえある。
結果、地域の課題を訴えようとしていた住民が嫌気をさして来なくなってしまう。
会場は、ますます『一部の集団』の独壇場と化して、収拾さえつかなくなってしまう。
この存在が主催者を憂鬱にしてしまう。

ところが、昨日の会場は様相が大きく違った。
校区のあらゆる団体から多くの参加者(60名を超えたらしい)があり。
実に活発に意見交換ができた非常に有意義な会になった。

いつもの声高のメンバーも居たようだ。
しかし、参加者が多くて、自らの主義主張を反映させることはできなかったようだ。
きっと、昨日のような状態が我々の日常だろう。

「この調子なら、続けてもいいなぁ」
との声があちこちから聞こえていた。

昨日の成功の裏側には、某議員の日ごろからの努力がある。
日ごろから地域に溶け込み、様々な活動に参加している。
この校区で某議員の存在はかなり大きい。

彼女が校区の団体に声をかけて回ったらしい。

やはり努力なくして成功はあり得ないようだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER534908EIR

Author:FC2USER534908EIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR